自動車保険の補償内容は乗り方に合わせよう

自動車保険の補償内容は乗り方に合わせよう

自動車保険の補償内容、どうやって決めたらいい?

自動車保険の補償内容は乗り方に合わせよう

自動車保険が提供する補償内容の範囲には実に様々なものがあります。

 

カバーされるドライバーの対象をどこまで拡げるかによって、家族限定特約や配偶者特約などが決められますし、1年ほどの短期契約にするか3年などの長期契約にするかでも保険料は変わってきます。

 

また車両保険をかけるかどうか、使用目的が通勤かレジャーなどかでも左右されます。

 

保険料を自分にとって少しでも安価なものにするには色々な工夫が可能です。

 

ここでは乗り方による補償内容の選択についてポイントをいくつかまとめたいと思います。

 

まず運転する人が誰なのかによって保険料は節約可能です。例えば家族4人暮らしをしていてみんな免許を持っているとしても、そのうち1人はふだんほぼ全く車を運転する機会がないことも想定できます。

 

そしてその乗らないメンバーの年齢が18とか19など若く、他のメンバーが全員30歳以上だと仮定すると、保険の年齢設定を変える方が得となります。実は自動車保険は年齢が保険料率を決める大きな要素になります。年齢が低いほど経験も少なく事故リスクが高いとみなされています。ですから保険料もぐんと高くなります。一方ある程度年齢が高くなると保険料は安価になります。

 

ですから家族限定特約の中でも車をよく使う人の最低年齢に合わせることで保険料節約になるのです。保険会社にもよりますが、「全年齢対応」「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」「35歳以上」というような区分が見られます。

 

もし家族の中で若い人があまり乗らないのなら、あるいはあるメンバーが一人暮らしをはじめて家の車を使わなくなったなどの場合に、実際に車を使用する人で年齢設定を引き上げることができ、その分保険料を下げられます

 

子どもが未婚であれば、別居の場合年齢条件に関係なく補償がされるので、年齢設定は引き上げるほうが得です。例えば子どもが未婚の24歳で別居している場合、家族限定特約で年齢条件が35歳以上に設定してある場合でも補償OKです。

 

たまにしか車に乗らないのなら、一日自動車保険が便利!

マイカーを持っていても、仕事が忙しいなどの理由であまり車に乗らないという人もいるでしょう。あるいは別居している結婚した子どもが実家に帰ってきた時に一時的に車に乗りたいという場合も考えられます。このような場合に年間で保険料を払うことは無駄と感じる場合は、一日自動車保険などのテンポラリータイプの保険を使うことで保険料が節約出来るでしょう。

 

この手のタイプだと一日500円ほどで加入することも可能で、対人対物賠償がそれぞれ無制限、自損傷害も希望する場合は1,500万円、後遺障害なら最大で2,000万円、搭乗者傷害は1,000万円など充実した契約内容になっています(三井住友海上のケース)。どれくらい乗るかによってこのようなタイプの保険を使い分けるなど賢く保険を選択できます。

 

また年間で払うにしても、年間走行距離が3,000キロ以下など少ない場合は、その設定をしておくことで保険料を下げることが可能です。通勤などではなく買い物やレジャーなどがメインという場合にはこのように少ない走行距離の告知をすることができます。

関連ページ

人気の自動車保険を見つけよう
自動車保険を初めとして、マイカーを所有している人はその維持費に悩まされることも多いのでは無いでしょうか?ここでは、有利な保険に乗り換えを検討するときに知っておきたいポイントについてわかりやすく解説していきます。
自動車保険の掛け金を比較
自動車保険には強制的に加入させられる自賠責保険の他に、任意で加入するかどうかを決められる任意保険がありますが、これはサービスによって保険料も大きく変わってきますよね。ここでは、保険の更新の際には検討しておきたい自動車保険の掛け金の比較についてわかりやすく解説していきます。
家族を守れる自動車保険の選び方
ドライバーならほとんどの人が加入しているのが任意の自動車保険ですが、今では保険の契約の内容はいろいろ選べるようになっていますよね?自分や家族がケガをするというケースにも強い自動車保険の選び方についてわかりやすく解説していきます。
一人暮らし向けの自動車保険
公共交通機関が発達している都市圏以外にお住いの人にとっては自動車は無くてはならないものですが、その維持費については悩みの種という場合も多いのでは無いでしょうか?ここでは、一人暮らしの人にぴったりの自動車保険の選び方についてわかりやすく解説していきます。
カップルで運転する場合の自動車保険
自動車保険には自動車を所有しているかぎり必要なものだけに、維持費として負担を感じている方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?この保険料は利用するケースに合わせて選ぶことで効率的な契約も可能です。ここでは、カップルで運転する場合の自動車保険の選び方についてわかりやすく解説していきます。
家族で加入できる自動車保険
家計への負担などを考えると出来るだけ余計なプランは除いて保険料をスリムにして、効率的に保険の契約をしたいというときに、契約の形態を工夫することで節約出来る場合があります。ここでは、家族で加入できる自動車保険の選ぶ時のポイントについてわかりやすく解説していきます。
保険料が安くできる自動車保険
これまでの保険料は安価で契約したこともあり、自動車保険料をこれ以上安くするのは難しい…そう考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ケースによってはさらに安く出来る場合もありえます。ここでは、保険料が安くする契約のポイントについてわかりやすく解説していきます。
長期契約でお得な自動車保険
一般的に自動車保険の契約では1年契約による場合が多いですが、それ以上の長期の契約が可能な自動車保険もあります。ここでは長期契約による自動車保険のメリットや特徴についてわかりやすく解説していきます。
ネットでできる自動車保険の一括査定
自動車保険料の節約をお考えでしょうか?自動車保険は加入年数によって自動的になされるものと、自分の選択によってできるものとがあります。ここでは、より安価な保険料の保険に変更したい方におすすめのネットでできる自動車保険の一括査定についてわかりやすく解説していきます。
一括査定後の電話やメール対応について
保険料の節約に非常に便利なサービスとして一括査定サービスがあり、比較して選べるメリットがあります。しかし、サービス利用後のメールや電話連絡を心配して利用を控える方もいらっしゃるようです。実際に一括査定サービスを利用した後の電話やメール対応の状況について詳しく解説していきます。
自動車保険一括査定ガイド完全版
自動車保険をある程度充実した補償内容にしたいけど、その分保険料が高くなりそうで心配…と不安に感じられるかもしれません。ここでは、自動車保険一括見積もりサービスを利用して、安価な保険料で契約可能な自動車保険の見つけ方についてわかりやすく解説していきます。
パソコンでできる自動車保険一括査定
保険を比較して自分の要望にあった保険を出来るだけ安いサービスが見つけられる自動車保険一括査定サービスは利用が難しい?いえ、そんなことはありません。パソコンで簡単に利用することが可能である自動車保険一括査定サービスの利用のポイントについてわかりやすく解説していきます。
スマホでできる自動車保険一括査定
複数の保険会社の提供する保険商品の中から、保険料が安いものを簡単に比較検討できる自動車保険一括見積もりサービスはスマホでも利用できる?スマホ・PCからでも利用でき、保険料節約にはとても重要なツールと言える自動車保険一括見積もりサービスのおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。