アクサダイレクト

アクサダイレクト

世界最大級の保険グループの「アクサダイレクト」

アクサダイレクト

アクサダイレクトは、CMでもその保険についてよく耳にする大手の自動車保険会社です。

 

もともとは世界最大級の保険&資産運用をするフランスの会社から派生しています。

 

外資系ですし、代理店型ではなく通販型(ダイレクト自動車保険)ということで怪しく見られる側面もありますが、実際の所は世界的企業で、会社の信頼度については大きく評価できる自動車保険会社です。

 

そんなアクサダイレクトの特徴について気になる点をピックアップしました。

 

まずアクサではインターネットで申し込むと最大で1万円の割引を効かせてくれるので、はじめて保険に入るという人にも申し込みしやすくなっています。アクサは保険料が安価であるということで人気になっています。補償内容を下げたくないけど保険料はできるだけ下げたいという人には魅力的でしょう。

 

早くからリスク細分型のシステムを取り入れることで、ムダな保険料をカットできるようにするなど、顧客の負担の軽減を意識している部分が感じられます。事故対応も年間で10万件近くあり、実績がある分万が一の時にも安心感があります。

 

自社調べにはなりますが、事故対応顧客満足度は94.7%と高い数字を得ていて、顧客のサポートのためにサイトでは「自動対話システム」で自由に質問ができるようにしています。

 

アクサダイレクトの他の特長は?

もし2台目以降の車を新規に所有することになる場合は、アクサダイレクトの「複数所有新規割引」がお得になります。通常保険は6等級からのスタートが一般的ですが、この割引では7等級からのスタートとなります。

 

アクサダイレクトでは他にも、ゴールド免許割引、休日ドライバーのための割引、年間予想最大走行距離による割引など様々な割引プランが用意されていて、やはり「保険料を安くできる保険」と評価できます。

 

またユニークな特約として、「アクサプラス」を用意しています。18歳未満の子どもの補償を手厚くする「ファミリープラス」、事故によるキズ後の形成手術費用などを補償する女性にやさしい「レディースプラス」、そして同乗のペットのケガを補償する「ペットプラス」などを提供していて、自分だけでなく弱い立場の同乗者や愛犬や愛猫のこともより考えたい人には便利なサービスになっています。

 

またアクサダイレクトではロードアシスタントサービスとして全国に9,606拠点を抱えており、バッテリー上がりやタイヤ交換はもちろん宿泊・帰宅費用やペット宿泊費用負担などもカバーするなど、カバー範囲の広さが注目のサービス内容になっています。保険料を安くしたい、ロードサービスに期待したいという人にも魅力的なのがアクサダイレクトです。

 

アクサダイレクト

 

 

関連ページ

SBI損保
ダイレクト自動車保険という代理店型のものよりも安価な保険料で契約出来るサービスが増えてきています。そんななかでも、利用者の満足が高いこともおすすめと言える、SBI損保の特徴やおすすめポイントなどわかりやすく解説していきます。
あいおいニッセイ同和損保
充実した自動車保険サービスをお得に利用できる保険はどこ?ここでは、トヨタ自動車や日本生命の資本を受ける大手の保険会社、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険のおすすめポイントやメリットなどをわかりやすく解説していきます。
日新火災海上保険
補償内容がしっかりしていて、なおかつ安価で利用できる自動車保険サービスはどこ?ここでは、補償内容やサポート体制が良く、事故対応力が評価されていることで注目され、3メガ損害保険会社の1つと数えられている東京海上グループのひとつ、日新火災海上保険の自動車保険のおすすめポイントやメリットなどをしていきます。
三井ダイレクト損保
三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険なども傘下にあるMS&ADインシュアランスグループのひとつ、三井ダイレクト損保の自動車保険としてのメリットやおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。