SBI損保

SBI損保

満足度の高い自動車保険:「SBI損保」

SBI損保

最近はダイレクト自動車保険という、代理店型のものよりもずっと保険料が安いプランがいろいろな保険会社から出てきました。その中で「SBI損保」は満足度が高いことで知られています。大手比較サイトの「価格.com」によると、2016年去年の満足度ランキングで、総合満足度と保険料満足度においてSBI損保はNo.1を獲得しています。またオリコン日本顧客満足度ランキングの保険料の部門で、なんと8年連続で一位に輝いています。

 

利用する自動車保険会社を何処に選んだら良いかわからないという人は、他の人の口コミが参考になりますが、その点、SBI損保は評価が高いということで良い選択肢の一つになるでしょう。ではSBI損保の自動車保険の特徴について見てみましょう。

 

多様な割引制度がうれしいSBI損保

SBI損保はインターネットでの手続きをすると1万円の割引になるので初めてでも安心して利用できます。またゴールド免許割引があって最大20%割引が適用されます。さらに運転者が本人だけなら最大8%、夫婦だけなら最大7%、家族だけでも最大1%の割引が受けられます。

 

そして使用目的がもし休日ドライバーなどレジャー使用であれば保険料が割り引かれます。よく保険会社のCMで、「保険料は走った分だけ」というフレーズを耳にしますが、SBI損保では走行距離に応じたムダのない掛け金設定が可能です。マイカーを持っていても必ずしも毎日頻繁に乗るわけではない人もいます。

 

そうであれば年間通じての保険料が安いに越したことはありませんが、休日ドライバーは走行距離が低く、事故リスクも低いということもあり保険料が安価になります。「自動車保険の補償は難しくてよく分からない」という人の場合もSBI損保であれば、シンプルで分かりやすい設定があるのがメリットと言えるでしょう。

 

「ファミリープラン」「充実プラン」「節約プラン」の3つに分類されていますが、ご自身の当面の必要に応じて補償内容を簡単に比較検討できるのが便利です。

 

オプションの加入

他の保険会社同様、SBI損保にも特約設定があります。例えば「自宅・車庫等修理費用補償特約」では、自宅や車庫等に誤ってぶつけてしまい破損した場合に、車両保険を付帯しているならオプションとして追加可能です。

 

30万円を限度に期間中1回まで費用が負担されますが、車庫入れが苦手とか、自宅前の道路が狭くてぶつける危険が高いというような場合に便利です。ユニークな特約としては「自転車事故補償特約」があります。記名被保険者かその家族が自転車走行中に誰かをケガさせたとか物を壊したという時に補償がなされます。

 

自転車による事故も多発してますから、往来が激しい場所に住んでいる人には良いですね。他にも「ファミリーバイク特約」や「車内外身の回り品補償特約」「弁護士費用補償特約」などいろいろな特約が提供されているSBI損保は、補償度の高い会社として人気が高いです。

 

SBI損保

 

関連ページ

あいおいニッセイ同和損保
充実した自動車保険サービスをお得に利用できる保険はどこ?ここでは、トヨタ自動車や日本生命の資本を受ける大手の保険会社、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険のおすすめポイントやメリットなどをわかりやすく解説していきます。
日新火災海上保険
補償内容がしっかりしていて、なおかつ安価で利用できる自動車保険サービスはどこ?ここでは、補償内容やサポート体制が良く、事故対応力が評価されていることで注目され、3メガ損害保険会社の1つと数えられている東京海上グループのひとつ、日新火災海上保険の自動車保険のおすすめポイントやメリットなどをしていきます。
アクサダイレクト
CMでもその保険についてよく耳にする大手の自動車保険会社アクサダイレクトは外資系で、ダイレクト自動車保険として、不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、自己対応実績も充分で、保険料も安いことなどの他、いろいろあるアクサダイレクトのメリットなどわかりやすく解説していきます。
三井ダイレクト損保
三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険なども傘下にあるMS&ADインシュアランスグループのひとつ、三井ダイレクト損保の自動車保険としてのメリットやおすすめポイントなどをわかりやすく解説していきます。